2013年6月17日月曜日

コーヒーのこと。

ここ最近は梅雨らしく不安定なお天気が続いていますね。


ムシムシ、ベタベタと不快指数は高まる一方ですが、

農家の方々にとっては恵みの雨(長雨は避けたいところでしょうが…)
自然と共存しながらの作業はいろいろ難しい面もあり、
つくづく大変な仕事なんだな〜と感じる毎日です。



さて、今日はミカヅキでお出ししている「コーヒー」について少しお話したいと思います。



オープン当初、多くのドリンクメニューを提供させていただいておりましたが、
再開するにあたり一度メニューを見直し新たなものを提供していきたいと考えました。



中でも「コーヒー」は嗜好品のひとつでもあり、
知識や技術が必須といったような風潮があるように思います。


私も長年飲食業に携わりながら習得してきた知識や技術を生かし、

更に独学で学び得たことをプラスしながら、
お客様にご満足いただけるよう日々努めております。


しかし、コーヒーの好みは人それぞれ。。。


好みや価値観をどこに合わせていくか?



正直、そういった「こむずかしい」ことばかりを

重要視したコーヒーは苦手です…



そんなことで、ミカヅキでは北杜市にある「山角」さんの

『クマコーヒー(八ヶ岳のクマ)』を使用させて頂くことになりました。


「山角」さんはパン屋さんなのですが、

自家焙煎したコーヒー豆も販売しています。


店内はパンの芳ばしい香りとコーヒーの芳醇な香りがの漂い、
とても癒される空間。


焼き上がったパンは可愛らしく陳列され、
コーヒー豆の棚にはクマのイラストが描かれた黒の保存缶が
スタイリッシュに並んでいます。



こちらのコーヒを飲んだ時「美味しい!」と素直に感じました。
どの豆もそれぞれの特徴がうまく出ていてとてもバランスのよい味わい。

一種類に絞るのはとても難しくかったのですが、
店の形態や回転のことを考えて私の好みで選びました。

山角さんのブログにはパンやコーヒーなどに対する姿勢やお人柄が表れ、
私は勝手に共感してしまい(大変おこがましいのでありますが…)
今回コーヒー豆の使用をお願いしました。




以下、了承を得て山角さんのブログ
山角@北杜市、八ヶ岳より」から抜粋させて頂きました。




深煎の豆を3種類ほど、ご用意しています。
気に入った味をすぐ覚えていただけるよう、
「八ヶ岳のクマ」「南アルプスのクマ」「茅ヶ岳のクマ」
という、近所の山々の名前とクマのイラストをつけました。

************************



コーヒーは
こむずかしい表現を好むようで、
ワインのように「ボディが重厚」とか「なんとかフレーバーとか」
ちょっと気取った表現だとか
焙煎やドリップによるところのうんちくだの、
技術や知識にあふれた世界にかんじます。

むずかしいことはわかりませんが
おいしいと思うものをまっすぐかんじとったらいいんだと思います。

産地の名前でコーヒーを売ることや、
気取った味の表現をとっぱらって
キャッチーなクマのアイコンで親しんでいただけるよう
そんな気持ちでお届けしたいと思います。

よろしくお願いします。


************************



是非、味わいにいらしてくださいね♩